メニュー

Keyword

【用語】


◆神誨魔械[しんかいまかい]

窮暮之戰[きゅうぼのせん]の際に、魔神に対抗するため、仙人から教えを得て人類が鍛造した強力な武器群。


◆護印師[ごいんし]

神誨魔械[しんかいまかい]を監視する役目を担っている守護者。


◆仙鎮城[せんちんじょう]

東離にある護印師の砦の中でも屈指の守りを誇るといわれる聖域。魔界の軍勢の再来に備えて築かれた難攻不落の牙城。


◆丹家[たんけ]

護印師の名門。


 ◆丹翡[たんひ]

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』に登場。奪われた神誨魔械を取り戻すため、殤不患らと共に旅をした丹家の護印師。



◆魔剣目録[まけんもくろく]

殤不患が集めた魔剣・妖剣・聖剣・邪剣を封印してある巻物型の道具。西幽より持ち出された際には三十六振りを収蔵していたが、現在は一振りが減って残り三十五振りとなっている。


◆西幽[せいゆう]/東離[とうり]

 窮暮之戰[きゅうぼのせん]の際、呪いを掛けられ行き来が出来なくなった二つの国。かつてはひとつの国だった。


◆鬼歿之地[きぼつのち] 

西幽[せいゆう]と東離[とうり]を分断している、呪われた荒野。 窮暮之戰[きゅうぼのせん]から二百年に渡り、誰ひとり行き来が出来たものは居ないとされている。


◆窮暮之戰[きゅうぼのせん]

かつて、魔界の軍勢が人類を滅亡させようと押し寄せた戦争の呼称。


◆鬼鳥[きちょう]

凜雪鴉の偽名。 江湖[こうこ]の恩讐には複雑な事情が絡むことが多々あり、偽名を名乗るのはそう珍しいことではない。


◆衙門[がもん]

役所の意味。ここでは司法機関である刑部の拠点。いわゆる現代における警察署である。


◆四方御使[しほうごし]

東離における司法機関の一部門。宮廷より派遣されて各地を巡回し、辺境の刑部の内務監査を行う役人。


◆玄鬼宗[げんきしゅう]

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』に登場。蔑天骸を宗主とした悪名高い組織。


◆蔑天骸[べつてんがい]

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』に登場。玄鬼宗を束ねる宗主。


◆緝察使[しゅうさつし]

犯罪者を追う捕吏のうち、皇帝の勅命を受けて特別な権限を与えられた階級。本来であれば地方の衙門の人員を任意に徴発できる。


◆巡檢[じゅんけん]

刑部の長官。現代での警察署長に相当する。


◆喪月之夜[もづきのよ]

魔剣目録に封印されていた魔剣の一つ。肉も骨も傷つけず、代わりに精神を乗っ取る魔剣で斬られた者は、剣の持ち主の思うがままに操られてしまう。喪月之夜で再び心臓を突き刺すか、気を失うか、眠ると術は解ける。


◆魔脊山[ませきざん]

TVシリーズ第1期で凜や殤と敵対した玄鬼宗の拠点があった山岳。地上にありながら魔界の如き瘴気の立ちこめる危険な土地である。


◆魑翼[みよく]

魔界より持ち込まれ人間界に適応した外来種の猛禽。知能も高く魔術師の使い魔として重用される。


 

© Thunderbolt Fantasy Project.